嘘だけど、嘘ではない。私たちの想い。活動停止するのを夢見ています。
突然ですが、
キャンドルナイト実行委員会活動停止のお知らせです。

キャンドルの灯りを灯すだけ。
同じ時間、まだ出会うことないだれかと
たくさんの人とゆるくつながっていることを感じながら、過ごす2時間。

いつもと違うひかりのもと、
あるひとはとなりにいる大切な人との関係を
あるひとは自分と社会との関係を 
ぼんやりと考えることもあったでしょう。

その一方で、キャンドルをたくさん燃やして、
目立つイベントをするんだ!と意気込んでいるひとも
多くなってきました。

キャンドルの数ではなく、
"気づき"の多いキャンドルナイトでほしいと願い続けてきました。

一度立ち止まって、考えてみよう、と話し合いの結果、決めました。

そこで、
2010年4月1日をもって
キャンドルナイト実行委員会活動停止します。

2010年4月1日...

4月1日

そう、今日は、エイプリルフールですね。

ということは...

はい、そうです。
キャンドルナイトの活動は進化しながら
これからも続きます。


より"気づき"の多いムーブメントに。
参加者全員が企画者でよびかけ人のキャンドルナイトに。


いつか「実行委員会なくてもいいよね」という日がきて、
事務局がほんとうに活動停止するのを夢見ています。
けっこう本気で。

キャンドルナイトはあなたのもので、みんなのもの。
わたしたちのものではありません。

いつか、事務局なんてものが存在しなくても
企画が一人歩きして勝手に世界中で盛り上がるようなものになったら
最高だなと思います。




あなたのキャンドルナイト、
どんどんもりあげてください。


追伸:@maya0520さんがFlickr、@mocchiccが
twitterでキャンドルナイトを盛り上げています。
わたしもこんなのやってるよ、やるよ、という方、ぜひご一報を。

* @candlenight ...フォローしてね。
* #candlenight ... キャンドルナイト総合ハッシュタグ
* #candleweb ... ウェブ制作チームのハッシュタグ


---
ってなわけで、このコピーを担当させていただきました。
あたりまえに存在するものとの関係性を考えるよいきっかけを作れた気がしているのと、
わたしたち自身、活動停止にむけて、精進しようと考える一日になりました。

写真追加しました/KIRARA食堂
すでに、先日インフォメーションしました
KIRARA食堂での写真展示ですが、
写真を追加したのをお知らせし忘れていました・・・。

今月いっぱい展示してあります。
ぜひ、ゴハンがてらにでも。

今月いっぱいです。

KIRARA食堂
http://blog.kirara.gr.jp
爆笑




このブログにもよく登場する華道家の木村くんが、
ユニクロフリース2009の広告に出演します。

顔、引き攣ってます。

店舗によってばらつきがあるようですが、
広告掲示されるようです。

ぜひ「あの人が着てる水色ください!」と言って、
フリースを買ってください。笑

今日からCMも放映予定なので、ぜひ。
隠岐郡海士町×KIRARA


昨日より、ケータリングでもおなじみの中目黒のKIRARA食堂にて、
"海士フェア"やってます。

海士町の野菜や調味料をつかった"海士の味"を楽しめます。





"味"だけでなく、"視覚"でも海士を感じていただける様にと、
海士の空気・ひと・ことを映し出した写真たちを展示してきました。

来週の前半に、少し大きい写真も用意する予定です。



今日は、海士の玉ねぎのロースト。
塩は、海士乃塩で。

毎日変わるKIRARA  のおかず。
明日はどんな料理になるのか、楽しみです。

---
海士のいろいろは下記サイトでお取り寄せができます。

●島風生活
http://www.shimakazelife.com

●海士webでパート
http://www.ama-webdepart.com
---

いつもお世話になっているクライアントのKIRARA  のみなさまと
海士にIターンして日々奔走している友人が
こうして繋がり、少しマシな未来を見据えて動きだしていることを
とてもうれしく思います。

写真の展示は2週間ほど。
海士フェアは1ヶ月くらいの予定です。

ぜひゴハン食べに行ってみてください。






そうだ、京都へいこう。
これより撮影で京都に行って参ります。
6日に戻ります。

7日は終日納品作業

8、9日は新潟へ大地の芸術祭を見学

10-13日は島根県隠岐の島の海士にて撮影

14日は静岡にて撮影

連絡が取りずらくなりご迷惑おかけすることもあると思いますが
何卒よろしくお願いします。
20日、朝日新聞朝刊
キャンドルナイトと環境省のコラボ広告が
掲載されることになりました。

全国版なので、札幌の祖父母もみてくれたらうれしいな。

モノクロの15段(1ページ)とのことです。 
20日、朝から楽しみです。


---
アートディレクション+デザイン:樋口賢太郎(すいせい)
キャンドル装飾:Candle JUNE
レタッチ:山本拓(Pygmalion)
イラスト:門倉未来
キャンドルナイト図工室
ついに、1年ちょっとADの樋口氏と企画妄想していた、

わたしたちの妄想を実現してくださった
ウェブコーディングをしてくれた坂口祐さん信岡良亮さん
ほんとうにありがとうございます。

光と影がつくりだす世界、なかなかすてきです。


---
背景色が時間ととも空の色が移りかわっていくように
変化します。

ブログパーツ

早いものでキャンドルナイトまであと9日です。

キャンドルナイトのブログパーツができました。
わたしのブログの右下にもさっそく貼りました。
ブログ貼ってくださいませ〜。   

ブログパーツを貼るには・・・



上記のソースコードをコピーし、
コピーされたソースコードをあなたのブログのエントリーにペーストしてください。
エントリーに表示されれば設置完了です。

すてきなキャンドルナイトを。


残すところ2日


27日(火)までです。
まだ観に行かれてない方は、ぜひ。

木村くんは、明日は夕方以降、明後日は終日いるみたいです。

植物そのものを楽しむ、
作品があることによって引き立つ"間"を干渉する、
寄ったり、引いたり、あんなとこ、こんなとこを
舐めるように観る、
松から出ている松脂の香りを嗅ぐ、など
いろいろご堪能頂けると幸いです。

個人的にはマニアックですが“松脂の香りを嗅ぐ”がお薦めです。
おめでたい
日本パッケージデザイン大賞2009 にて
すいせいの樋口賢太郎氏がデザインした加茂錦さんの「黄酒」が
アルコール飲料部門にて銀賞を受賞しました!

他の受賞作品は名の知れたクライアントばかり。
新潟の小さな酒蔵がここに並んでいることが奇跡だと思いました。

さすがです。
クライアントときちんと向き合い、
本質を考え抜くグラフィックデザイナーです。
噛めば噛むほど味が出てくるデザインです。
つくってもらった名刺には“自信”をくれる何かがあります。

ますますのご活躍を心より祈っております。
そして、デザインしてもらったSaikoCameraの名刺に
ますます箔が付くことを期待しております。笑

買いだめしてあるので、
ご一報いただければ、いつでも試飲できまーす。



写真は以前デザインノート用に撮影したものです。

---
http://saikocamera.jugem.jp/?eid=17より

日本酒本来の色が無色透明ではないことを、ご存知でしたか?

本来、ほんのり黄色い日本酒を色を抜くために濾過するそうです。
その際に、液体の色だけではなく、日本酒本来の“うまみ”も
抜けてしまいます。

“日本酒=無色透明が良い” という概念を覆し、
無濾過で液体が黄色いからこそ生きるパッケージデザインが「黄酒」特徴です。

そのため、ラベルの白とその切り文字からのぞく黄色い日本酒の
絶妙なコントラストと透明な瓶のエッジを出すことに
重きを置いて撮影しました。

<< | 2/3PAGES | >>