<< クリスマス | main | 金環日食のつくりかた >>
2011年のこと


↑ 3階のビフォー
↓   アフター





↑地下1階のビフォー
↓     途中



↓地下1階のアフター





↑1階のビフォー
↓   ビフォー(別アングル)



↓1階のアフター



廃墟のような築100年くらいの町屋を借りて、
自分たちでリビルドしながら、
そうすると、どんどんみんなが"得意"を持ち寄ってきてくれて、
お礼にみんなでごはんを食べて、
とっても贅沢な時間と空間でした。

できることをひとつひとつ増やしながら、
貧乏になる準備をしながら、
住むこと、食べること、誰かといること、
暮らしかたの冒険をしてきた日々でした。

祖父や祖母の戦中と戦後の話を聞いて、
ドイツ人の友人のお母さんの戦後の話を又聞きして、
この明日も明後日も、変わらずに生きていけるように感じていたこの生活が、
とても短い間のスタンダードであったことと向き合う日々でした。

どこかひとつの場所に定住する暮らしかたも、
ローンを35年も組んでしまう人生も、
数十年振り返ると、そんなに普通のことではないのだと悟りました。


義父の
「ローンというのは今は買えなくて、でも未来に確実に価値が上がるものに対してするものだ。」

坂口恭平さんの
「だって、法隆寺とか基礎ないんだよ。でも、今、基礎必要って、普通に考えたらおかしいでしょ。しかも、大工さんもいらないって言ってるのに。なんで、なんで、ってなるでしょ。で、コンクリの基礎をじーっと見てたら、ふと気付いた。「あっ、これ、どこにも動かせないようにされてる」って。不動産じゃ」

という2つの言葉がとても気になりました。


今年ほど手放すものと、手に入れるものが多かった年はありませんでした。

みなさま、本当にもの凄く、お世話になりました。
特に、縁もゆかりもなく、突然現れたわたしたちを、
温かく見守ってくださった熊本のみなさま、心からありがとうございます!
comment
post comment









この記事のトラックバックURL
http://saikocamera.jugem.jp/trackback/427
トラックバック