<< UST対談「大地に根ざして生きる」  | main | 水平を楽しむ >>
自転車のケーキ屋さん「pompon cakes」








友人が鎌倉でケーキ屋さんを始めました。
カフェをやりたいな、と思ったけど、店舗出すほどの資金がないから、この形になったそうです。
鎌倉はお店が閉まる時間が早いので、
閉店したお店のシャッター前や、走りながらケーキを販売しています。
(鎌倉がますます すてきに見えました)

商売を始めるのにお金を借りて、自転車操業ではなく、
自転車営業っていいですよね。

ある日のtweetにこんなひとこと。

"少し年配の方には大変だねってよく言われます。最高に楽しい商売だと思うのですが。"

シンプルに、見栄をはらずに、生きていく、生きていける時代になってきたんだなぁ、と
わくわくしています。

これから貨幣経済的には厳しくなるだろうけど、
こうしてわくわくを見つけだして楽しく生きていく術を、
ちゃくちゃくと身につけているのです。

農家さんに直接交渉して卸してもらっている全粒粉をつかったり(たしか)、
果物などもこだわりの有機野菜だったり、
身軽で、本格的なケーキ屋さんです。
(あっという間に売り切れてしまいます。)

毎日時間も場所も変わるので、Twitter(@pomponcakes)で情報をチェックしてくださーい。

comment
post comment









この記事のトラックバックURL
http://saikocamera.jugem.jp/trackback/422
トラックバック