<< さらば、おっさんカルチャー | main | 写真写りいいですね、記念。 >>
"手に職"の賞味期限


手に職をつけるために、寝る間も惜しんで、というよりは、
半分寝ながらでも走ってきたのがわたしの20代前半でした。
20代中盤はちょっとだけぼやっとしてしまったのですが…。

あっという間にかわっていく世界を、
より楽しく、おいしいごはんを食べ、生きていくには、
目をそらさないこと、で しかないように最近は感じます。

日々精進します。


写真: 閉店してしまった活版印刷屋の活字
comment
post comment









この記事のトラックバックURL
http://saikocamera.jugem.jp/trackback/421
トラックバック