<< まどわされずに生きていたい | main | さらば、おっさんカルチャー >>
絶望したこと


毎年、庭にきれいに花を育てる祖母が、
「泊原発再開したっていいじゃない。わたしはもう3年くらいだし。」と。

こういう積み重ねで、福島の悲劇がある。

この祖母のひと言に、わたしは本当に絶望した。
追記:
それでも選挙には欠かさずに行っているようです。

そして、そんな票のほうが、
この国には圧倒的に多いのですね。


追記:
ちゃんと、たべもの、プロジェクトの取材で伺った北海道江別市の金井さん(78歳)が
本当に原発に怒っていたことが救いでした。
comment
post comment









この記事のトラックバックURL
http://saikocamera.jugem.jp/trackback/419
トラックバック