<< 何を、誰と。 | main | 通路を縁側に見立てる >>
嘘だけど、嘘ではない。私たちの想い。活動停止するのを夢見ています。
突然ですが、
キャンドルナイト実行委員会活動停止のお知らせです。

キャンドルの灯りを灯すだけ。
同じ時間、まだ出会うことないだれかと
たくさんの人とゆるくつながっていることを感じながら、過ごす2時間。

いつもと違うひかりのもと、
あるひとはとなりにいる大切な人との関係を
あるひとは自分と社会との関係を 
ぼんやりと考えることもあったでしょう。

その一方で、キャンドルをたくさん燃やして、
目立つイベントをするんだ!と意気込んでいるひとも
多くなってきました。

キャンドルの数ではなく、
"気づき"の多いキャンドルナイトでほしいと願い続けてきました。

一度立ち止まって、考えてみよう、と話し合いの結果、決めました。

そこで、
2010年4月1日をもって
キャンドルナイト実行委員会活動停止します。

2010年4月1日...

4月1日

そう、今日は、エイプリルフールですね。

ということは...

はい、そうです。
キャンドルナイトの活動は進化しながら
これからも続きます。


より"気づき"の多いムーブメントに。
参加者全員が企画者でよびかけ人のキャンドルナイトに。


いつか「実行委員会なくてもいいよね」という日がきて、
事務局がほんとうに活動停止するのを夢見ています。
けっこう本気で。

キャンドルナイトはあなたのもので、みんなのもの。
わたしたちのものではありません。

いつか、事務局なんてものが存在しなくても
企画が一人歩きして勝手に世界中で盛り上がるようなものになったら
最高だなと思います。




あなたのキャンドルナイト、
どんどんもりあげてください。


追伸:@maya0520さんがFlickr、@mocchiccが
twitterでキャンドルナイトを盛り上げています。
わたしもこんなのやってるよ、やるよ、という方、ぜひご一報を。

* @candlenight ...フォローしてね。
* #candlenight ... キャンドルナイト総合ハッシュタグ
* #candleweb ... ウェブ制作チームのハッシュタグ


---
ってなわけで、このコピーを担当させていただきました。
あたりまえに存在するものとの関係性を考えるよいきっかけを作れた気がしているのと、
わたしたち自身、活動停止にむけて、精進しようと考える一日になりました。

comment
post comment









この記事のトラックバックURL
http://saikocamera.jugem.jp/trackback/291
トラックバック